• sato

越戸地区の炭焼き

最終更新: 2018年7月30日


炭焼き風景

川西の越戸地区で、有志6名で行っている炭焼き。

約10年前に完成した炭窯で、11月~3月頃にかけて炭を作っています。


戦後、ガスや石油などが燃料の主流になるまで、主な燃料として使われていた木炭。

各地で炭焼きが行われていましたが、この越戸でも終戦を境に途絶えてしまいました。

木炭を作らなくなったことで山の荒廃が目立つようになり、「山を守るため、炭焼きを復活させよう!」と、始められたのです。


まずは窯で2~3日ほど焼き続けた薪(炭)を取り出し、灰をかけて冷ます作業から。完全に冷めたら完成です。


次に新しい薪を窯にぎゅうぎゅうに詰めます。

窯はまだ余熱で大変熱いので、長い棒を使って重い薪をうまく立てながら入れていくので、とても大変な作業。


どうにか入れ終えたら、窯の入り口を塞ぎます。石を積み、土と灰を混ぜた粘土状のものをぺたぺたと張っていくのですが、これが一番大変。開閉式の扉があったらどんなに楽なことか……。


火を入れて、完全に密閉してまた2~3日燃やす。この繰り返しです。文章で書くとなんてことなさそうですが、実際ものすごく重労働です。


しかしこれを行うことで、森林の整備にもなり、炭は日常のあらゆるところで役に立ち、燃やした際にできる「木酢液」は農薬代わりになったりと、うれしい効果がたくさんあるそうです。昔の人の知恵は本当にすごいなと思わされます。


※この記事はfacebookに投稿した記事を再編集しています。

#炭焼き

上田市川西地域ホームぺージ

〒386-1106 長野県上田市小泉863-1  問い合わせは、ksg_tok@ued.janis.or.jp

© 2018 上田市川西地域 ※画像の無断使用・転載を禁じます。